大通信量時代への移行

最近はスマホ一つでネット生活も、
連絡手段も支払い手段も完結する人が
増えましたね。
それだけスマホがニーズに応えて
できることが増えたわけですし
家に居る時間が少ないなどは家に
固定回線を引く必要が無いですもんね。

スマホ自体のニーズも上がってますが
スマホの機能使用で
比重が上がってきているのが
データ通信量です。家にいる時は
固定回線経由にしておけばそこまで
影響が無いのかも知れませんが
外でもスマホの回線経由で
動画を見たりする機会が多い人とか
それこそ家には固定回線を引いてない
人なんかは全部そのスマホの通信回線に
頼るわけですから通信量は必然的に
上がっていきます。
通信量が一番かかるのが画像データです。
データ自体は0(無い)1(有る)の
2進数でこれが組み合わさって表現され
ますが表現する情報が増えれば増えるほど
この量は増えていきます。
だから綺麗な画質でデータをやり取り
すればするほど通信量も上がっていきます。
スマホ側も表現できる画素数がかなり
上がってますもんね!そこそこ綺麗な画質で
見てればすぐに通信量は上がっていきます。
最近は720psや1080psとかが
標準的になってきていることからや
大手キャリアさんが5Gの打ち出しを
してきていることからも今後
大容量通信時代に入っていくことを
感じさせます。

5G(第5世代移動通信システム)、
と、言うかこんなに移動体(モバイル)で
高速高速って言ってるの日本だけの
ような氣もしますが。
日本の文化的なことが要因として
大きいのかもしれませんね。
動画にしてもその次にデータのやり取りの
多いゲームアプリにしても若者を
中心としてかなりの頻度で使ってます
もんね。スマホのゲーム、ほとんどが
プレイ中ネットと繋がっています。
だからシーンが変われば都度最新の
映像等が表示されるわけですけど。
今でさえそんなにみんな使いこなせて
ないのにそんなに設備だけ進歩させて
どうするんだろう?ってところは置いて
おいてとにかく一度にやり取りするデータの
量は増えていく一方です。

現在のところ、大手キャリアさんで
5G~10Gぐらいのところの通信量が
主流で出ていますが10G~20Gの
大容量利用者向けのサービスも出てきて
います。

格安SIMの世界も大容量利用者向けの
サービスを含めサービス内容が多様化
してきています。
大手キャリアさんでは無いものとしては
定額制以外に利用量に応じた料金になる
従量制、余った通信量を自分だけでなく
他の利用者さんとシェアできるものが
あったりと個性的です。
個性的と言えば最近はSIMフリー端末の
種類も増え、本体の性能もかなり
上がっています。大手キャリアさんでも
SIMロックの解除ができるように
なったことから利用方法にも幅が出て
きました。

話が反れましたが要は大容量通信に移行
していく中、当然のように利用料金は
上がっていきます。
利用方法も多様化していってます。
自分のライフスタイルや懐事情に
合わせて通信設備の利用法を検討
してみるといいと思います。
自分で一度、調べてみる事を
お勧めします。

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました