目が悪くなる要因と改善について

近視は、遺伝ではありません。
もちろん、例外の遺伝性のものも
ありますがほとんどの場合
環境の変化で発生している近視が
多いのです。
近年、急激に増加している原因として
オフィス環境の3大悪である
「乾燥・酸素不足・それからパソコン
から発生するブルーライト」が
挙げられます。
空調の行き届いた、いっけん快適に
見える窓の開かない高層オフィスビル
が一番、目にとってよくないと
言えるでしょう。

乾燥は、ドライアイを引き起こし
やすくなりますがこのドライアイ
目の機能を衰えさせる恐ろしい
病気です。
涙は目の乾きを防止するだけで
なく、殺菌、洗浄し、角膜などへ
酸素や栄養を補給している大事な
成分です。
この供給が止まるわけですから
かなり危険な状態であることは
言うまでもありません。

酸素は、目の最大の栄養源です。
これが外気を取り入れることなく、
空気が循環しているだけの建物の
中では酸欠状態になります。

パソコンから発生するブルーライトは
目や身体に大きな負担をかける
紫外線に近い強いエネルギーを
持ちます。
またパソコンによる作業は長時間
一定箇所しか目を動かしませんので
目や肩の血行が悪くなり
目に栄養や酸素が行きにくくなります。

目を悪くする一番の原因は酸素不足

目の最大の栄養源は「酸素」です。
また目に限らず、酸素は人間が
生きていくために、欠かすことが
できないものです。
「呼吸=酸素」は生命活動の基本です。
体を形作る60兆個の細胞は、すべて
酸素をエネルギー源としています。
目が「酸欠」になると、毛様体の筋力と
水晶体の弾力が失われることから、
近視や老眼が加速します。
水晶体の新陳代謝が衰えて、濁りが
生じると白内障になり、眼球内の
老廃物がきちんと排泄できなくなると
飛蚊症を招きます。そして
酸素不足のために房水という目の
組織を満たす体液の排泄が滞ると、
眼圧が上昇し緑内障の原因になります。

「酸欠」の原因はもちろん、
私達が酸素を直接取り入れることが
できる唯一の方法、呼吸にあります。
十分に酸素が取り込めない大きな
原因として胃腸の硬化があります。
胃腸が硬化していると、お腹の中に
息を思いっきり吸い込めず、
呼吸が浅くなってしまいます。
また、胃腸が硬くなっていると
いうことは、消化活動や蠕動運動も
スムーズに行われていないという
ことです。
胃腸の動きが鈍っていると自律神経の
バランスが乱れて血流障害を
引き起こし、全身を酸素不足に
陥れます。

また姿勢が悪い人はほぼ酸欠だと
言っていいでしょう。
俯いたままだと気道が狭くなり、
息を吸っているつもりでも
チョロチョロと細かくしか
入っていきません。

「すべての病気の原因は、酸素の欠乏症である」
と、野口英世博士が言っています。

しっかり酸素を取り入れる
ように改善していけば全身に
酸素や栄養が行きわたり
目に限らず不調の改善に繋がって
いくのです。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました