腸の免疫力が上がると病気は治る

私達の体を守ってくれる免疫力は、
血気盛んな20歳がピークで、それ以降は
だんだん低下していき40歳になると
半減し、70歳になると10分の1
ほどに落ち込んでしまいます。

免疫力の低下と共に、糖尿病・高血圧
心臓病・脳卒中などの「生活習慣病」を
患う人が増えていきます。

そもそも免疫とは何か?

「免疫」とは、体に悪さを働く外敵を
駆除して、健康を保つシステム、
外からの感染に対抗する為に発達してきた
体の仕組みと言えます。

体を守る免疫システム

人の体を外敵から守ってくれている
免疫システムをざっと見てみると

耳・・・貝殻のような形で異物の侵入を
防いでいます。耳垢は、剥がれた表皮などの
排泄物です。

目・・・まつ毛で異物の侵入を防ぎます。
涙には殺菌作用があり、洗い流す働きがあります。

鼻・・・鼻水で微生物を殺菌します。粘膜に
付いた病原菌をくしゃみで排出します。

口・喉・・・唾液に殺菌作用があります。
タンにも異物を排除する働きがあります。

肌・・・汗の塩分や皮脂に殺菌作用があります。
皮膚常在菌が保湿膜を作ります。

消化管(胃腸)・・・胃酸などの消化液で
殺菌し、さらに腸内細菌が異物を排除します。

膣・・・酸性に保たれ、粘液が外敵を
ブロックします。

尿道・・・ブドウ球菌や連鎖球菌などの
常駐菌が、外敵や異物を排除します。

免疫システムはバランスが崩れると
暴走することもあります。
アレルギーなどがそうですが
食生活や精神的ストレスなど生活習慣を
改善して、免疫力を活性化することが
大切です。

免疫力を上げる方法

「大笑い」で腸の免疫を上げる
真面目過ぎると自分で何でも抱え込み
手が抜けません。小さいことにクヨクヨ
して気持ちの切り替えができないので
ストレスが溜り病気になります。
つまり、真面目過ぎると免疫力が落ちます。
何事も思いつめずこだわりすぎず
気楽に過ごす方がいいんです。
だから生活の中に笑いを取りいれると
身体が活性化され、免疫力がアップして
痛みや辛さが軽くなります。
お笑い番組やコメディ映画などを
観るのもいいですがとにかく
頭を空っぽにしてできるだけ大袈裟に
笑うこと。カラ笑いでも、本当に
笑ったのと同じ効果があります。

腸を元気にする心の持ち方

頭でっかちになりすぎないで
「快=気持ちいい」「不快=気持ちよくない」
と言う原始的な感覚にもっと敏感になる
ことかもしれません。

現代人は「感じる」ことを二の次にして
理屈でものを考え行動しがちです。

もっとマイペースに、気の赴くままに
生きてみましょう。

 

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました